Q

3

ダイゼンの

仲間たち

【営業部】

中山 るみ子(2016年入社)

仕事内容は?

A.

昨今の廃棄物処分を取り巻く環境は、分別の厳格化や処分費用の高騰など、ゴミを出す側としては厳しい環境になりつつあります。そのような状況ですので、既存のお客様に少しでも喜んでいただけるように、処分方法の改善提案やアドバイスをして回っています。また、その間にも急な相談や依頼があれば現地調査に向かい、適切な処分方法やお見積りをしているので、「お客様の困りごと相談窓口」と自負しています。

仕事のやりがいは?

A.

会社や私の名前を憶えてもらうことがやりがいです。お客様になにか困りごとが出来たときに、まっ先に「ダイゼンなら何とかしてくれる」「中山なら相談に乗ってくれる」とご連絡をいただけると嬉しくなります。このお客様のために心からベストな提案をしようという気持ちになりますし、頑張りがお客様に認められ「ありがとう」と感謝の言葉をいただけると次へのモチベーションにもつながります。

入社したきっかけは?

A.

前職はサービス業のフロント係でした。お客様が何を求めているかを表情や会話から読み解きサービスのご提案をしていました。多くのお客様のご要望に応えていく喜びを感じていながらも、もっと多くのことにチャレンジしたいと考えていた時にダイゼンと出会いました。まだまだ女性進出の少ない業界だからこそ、自分にしかできない指摘や提案があるのではないかと思い、勇気をもって飛び込むことにしました。

どんな社風ですか?

A.

ドライバーも含め本当にお客様を大切にしていると感じています。私は営業なのでお客様と直接会話をすることが多いですが、いつもお客様に「ダイゼンのドライバーさんはみんな笑顔で対応してくれるね」とお褒めの言葉をいただく事が多いです。その理由として営業もドライバーもお客様の要望にできるだけ応えたいという姿勢でいるからです。部署間の垣根を超えた風通しの良さが、自慢できる社風だと考えています。